So-net無料ブログ作成

東京の讃岐うどんのレベルは?(京成本線関屋駅、東武伊勢崎線牛田駅、堀切駅( [東京:足立区]

四国で食べた感触を忘れないうちに比較しようと東京にある讃岐うどんの店に行くことになりました。

行った先は金八先生のロケ地に近い足立区千住曙町の「卯の木庵」というお店です。

京成関屋駅、東武牛田駅から墨提通りを南に歩くとピンクの看板があり、すぐ見つかりました。

  

しゃぶしゃぶもある様子です。

  

メニューも豊富そうです。

注文したのは、小うどん(冷)とマグロ丼、天丼がセットになった旬彩ランチ(¥945)を頼みました。

なんか、ボリュームがあります。

小うどん(冷)です。しっかりした食感、味は四国そのまま、と思います。東京でもこの麺が食べれるのはうれしいです。

メニューにあった、この店オリジナルの北海道産小麦を使った細身の手揉みちりちり面も美味しそうでした。

マグロ丼です。ご飯が酢飯でなく、ふつうのご飯でした。

天丼です。具はエビ、イモ、ナス、シシトウでした。

味、食感に差はないのですが、最大の違いは店の雰囲気だったと思います。

奥にはカウンターもあり、バーのような雰囲気、証明でした。四国のよくあるうどんやさんと違う雰囲気が。

メニューも鰻やしゃぶしゃぶやなど、うどん以外もかなり充実しています。

どちらかというと、うどんだけを食べるのではなく、お酒を飲みに行き、最後の〆にさぬきうどん、といったのがイイと思います。

店名:卯の木庵

場所:東京都足立区千住曙町37-33

※ホームページはありませんでした。


タグ:うどん
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る