So-net無料ブログ作成
検索選択

「青酎 池の沢」本格焼酎(芋)@青ヶ島酒造 [酒(芋焼酎)]

とっても珍しい東京の芋焼酎です。

aotyu.JPG

ま、東京と言っても「伊豆七島」の「青ヶ島」なんですけどね。

この「青ヶ島」は人口が200人位の島でその中の数人の方が島で飲む焼酎を各自独自に造っていて、それを統一ブランドで出しているそうです。

だから、同じ「青酎」でも瓶によって味わいが違うとか。

また、鹿児島など九州の芋焼酎は仕込みに「米麹」を使うようですが、こちらは「麦麹」を使うそうです。

味わうと九州の芋焼酎との違いは強く感じました。

まず、香りが麦を強く感じます。麦麹のせい??

味わいも良い意味で荒く、洗練されていない独特の風味。

後味も芋の甘みはあまり感じませんでした。

度数も35度と高めでそのままだと相当キツめ。

はまるとクセになりそうな他にない風味はタマランです。 

ワタシはロックで飲みましたが、少し水で割っても美味しいかも知れません。

美味しいけど、高いんですよね。(4合で2500円くらい) 

 

■ラベルデータ
銘柄:青酎 池の沢
原材料名:さつま芋、麦、麦麹
仕様:-
アルコール分:35度
蒸留方法:-
酒類:本格焼酎(乙種)

青ヶ島酒造合資会社
東京都青ヶ島村無番地


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「黒とんこつセット」一龍(南福岡駅) [ 福岡:ラーメン]

ドクトルパンダ先生の博多紀行を読んで、隠れた名店(!?)を知ったので、早速行ってみましたよ。

パンダ先生、情報ありがとうございます~

1ryu1.JPG

南福岡駅から徒歩で20分の「一龍」さんです。

中洲川端あたりで有名な「一竜」さんとは関係無いみたいです。

ま、屋号の漢字も違いますけど(笑)

こちら、同じく博多で有名な「新風」さんのご実家だとか。

1ryu2.JPG

テーブルの上には辛子高菜、紅ショウガが。これ見るとなんか、博多(っていうか福岡?)に来た気がします。

こちら、ラーメンは白と黒がありますが、なんか黒の方が美味しそうなので今回は「黒とんこつセット」(800円)を注文。内容は「黒とんこつ(ラーメン)」、「半焼ぶた」、「飯」

1ryu5.JPG

まず、ご飯とチャーシューが来ました!!

1ryu3.JPG

チャーシューの下にもやしがありましたよ。

味つけは酢醤油な感じ。

1ryu4.JPG

このチャーシューが蕩ける&旨みジュワー系でたまらんです。はい。

これと白いご飯だけでも満足しちゃいますな。

1ryu6.JPG

で、コチラが「黒とんこつ」。

黒い色は馬油でしょうか。

1ryu7.JPG

具はチャーシュー、きくらげ、もやし、たまご、ネギ。

1ryu8.JPG

スープは見た目よりアッサリで大変美味しゅうございます。

博多風と言うより熊本に近い印象。

1ryu9.JPG

麺は細めですがウェーブが強く、ストレートが多い博多系とはチョット違う個性的な食感。

少し堅めでポキポキな感じです。

この麺、最初はスープの組み合わせに違和感を感じたのですが、少し時間が経ち、スープに馴染んでくると美味さ爆発ですね。

ご飯、チャーシュー皿とも相性良くあっという間に完食でした。

しかし、このレベルのお店でもベスト4とは・・・(日々、変動するのでランキングが変わっているかも知れませんが・・・)

九州のラーメン界は奥深いですね。

 

店名:一龍

場所:福岡県春日市岡本1-5


タグ:ラーメン
nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「中州の屋台でラーメン食べてみました」さんゆう(中州川端駅) [ 福岡:ラーメン]

博多と言えば屋台が有名ですよね。

中州のそんな屋台に行ってみました。

が、ご注意いただきたいのが今回の記事、ラーメンのみの評価というかご紹介ということでお願いします。

その他のメニューもありましたが、トンデモナイ内容だったのであえてこう書かせていただきます。

もし、食べに行かれる場合もくれぐれもラーメンの参考という事でお願いします。

sanyuu3.JPG 

今回、行った屋台はコチラ「さんゆう」さんです。結構な人気店で少し待ちました。

ま、この前に散々飲んでいたので

sanyuu1.JPG

「ラーメン」(600円)を注文。

典型的な博多ラーメンですよね。

sanyuu2.JPG

お味も博多ラーメンな典型的なお味。気持ち塩気が多い気がします。

麺は極度に細い気がしますけど、ま、こんな感じだと思います。

酒を飲んだ仕上げには丁度良いと思います。

典型的なお味&ルックスですが良くまとまっていて、店を構えている所と比較しても遜色ないお味かと思います。

が、行かれる方に一点だけご注意を。

こちらのお店、おでんもあるんですが、一品で300円。

一皿でなく、一品、ですよ。

玉子で300円。ちくわで300円。って感じ。

しかも7品乗った盛り合わせのみ注文に応じる、と言われました。

別に無理強いされてもいませんし、食べても注文もしていませんが、明らかに高いですよね。

お客さん了承の上、注文されての値段だとも思いますが、

気付かずに注文したりするとなんかお客さんもお店の方も気まずい感じになっちゃいますよね。

ってことでラーメン以外は市価に比べ高めですのでご注意、ご納得の上注文されるのが吉かと。

ichiryu1.JPG

ちなみにこちらがこの辺りの屋台一番人気の「一竜」さんです。

一竜というお店(というか屋号)、この辺り4件あります。

この屋台のお店、

天神寄りに普通の店舗

ワシントンホテルの近くに普通の店舗

川端のアーケードの中に普通の店舗

とあります。

関係がどうかはワカリマセンが非常にヤヤコシイですね。

 

店名:さんゆう

場所:福岡県福岡市博多区中洲(那珂川沿いの屋台)


タグ:ラーメン
nice!(14)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

「福岡って焼鳥屋さん多いんですよね」戦国焼鳥家康 14・15号店(博多駅) [福岡:福岡]

博多(というか福岡)はなんか、焼鳥屋さん多い気がします。

そんな焼き鳥激戦区でもなんかよく目に入る名称が「戦国焼鳥」という言葉。

いろいろ調べると、「信長」、「信秀」、「家康」と系列があるみたい。

それぞれ特徴もあるみたいです。

そんなシリーズの今回は

ieyasu1.JPG

「戦国焼鳥家康 14・15・16号店」さんに行ってみました。

ieyasu2.JPG

フロア毎に3つのお店があるみたいです。

ちなみに、実際に食べたのは2Fの15号店さんです。

さて、カウンターに座ってまずはメニューを。

ieyasu6.JPG

なんか、随分安い気もします。最低で一串60円からです。

ieyasu3.JPG

まずはお通し。キャベツに酢醤油な感じのタレが掛かった素敵な一品。

ieyasu4.JPG

で、「店長お任せコース」を食べながらビール、焼酎をぐびぐび。

ieyasu5.JPG

アスパラ巻きは特に美味しかったですよ。

ieyasu7.JPG

鶏皮、レバーを追加。

ieyasu8.JPG

ししゃも、つくねも追加

ieyasu9.JPG

なんか、忘れちゃいました。豚バラみたいなのと、鶏肉のどこか、だったかと(;・∀・)

これだけ食べて飲んで一人3000円いってなかったんですが・・・

(多分)安いですよね。

ま、酒飲みすぎて何が何だかわからない状態だったんですが・・・(;・∀・) 

 

店名:戦国焼鳥家康14・15号店

場所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-5-1

お店のホームページ:http://www.yakitori-ieyasu.co.jp/


nice!(14)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「生ハムとルッコラ、モッツァレラチーズのパニーニ」イルピノーロカフェ羽田エアポート店(羽田空港第2ビル) [東京:羽田空港]

羽田空港で前から気になっていたお店があります。

ilpinolo1.jpg

「イルピノーロカフェ羽田エアポート店」さんです。

とってもイタリアンなお店。

パスタも美味しそうでしたが、そちらは同行者が食べるって事だったので、ワタシは

ilpinolo2.jpg

「生ハムとルッコラ、モッツァレラチーズのパニーニ」(850円) 

を食べてみました。

ilpinolo3.jpg

蕩けるチーズと生ハム、そしてルッコラの香りがたまらない一品。

モチロン、パニーニそのものもパリッと感とサクッと感が絶妙に同居していてスッゴク美味。

 

で、同行者がペロッと食べてしまったのが

ilpinolo4.jpg

「ボローニャ風ミートスパゲッティ」(1300円)

ilpinolo5.jpg

これ、ワタシは食べていないんですが、スッゴク美味しそうでした。

見ただけでも上に乗っているチーズとミートソースの感じがタマリマセンヨネ!!

ってことで、この次はこれを食べてみたいと思います!!

 

店名:イルピノーロカフェ羽田エアポート店

場所:東京都大田区羽田空港3-4-2 東京国際空港第二旅客ターミナルビル B1F


nice!(12)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「お好みそば」常盤軒(JR品川駅構内) [ 東京:駅そば・立ち食いそば]

品川にある、その筋の方々には有名なお店。

tokiwaken1.jpg

JR品川駅 東海道線下りホーム東京寄りにある「常盤軒」さんです。

雑誌などでは「品川丼」がよく紹介されています。

駅構内にはココ以外にも数件常盤軒さんのお店がありますが、このお店にしか無いのが

tokiwaken2.jpg

「お好みそば・うどん」です。冷やしも大盛りもありました。

なんといっても、

あなたのお好みでお好きな具材を好きなだけトッピングっていうのがスバラシイ!!

しかも380円!!(大盛りは490円みたい)

tkiwaken3.jpg

さっそく、食券を買って食べに入りました。

すると、生玉子か茹玉子のどちらにするか聞かれます。

玉子が入ったおそばを貰うと、カウンター上の台に乗っている具材の入った容器から好きなだけ入れていきます。

 

って、ここで写真を撮ろうと思ったんですが、「店内撮影禁止」の札が・・・

ってことで今回は写真無しです。すみません(;・∀・)

ちなみにトッピングですが

・ネギ

・ワカメ

・揚げ玉

・かつお節 

・ちくわを輪切りにしたものの天ぷら

・青身魚の天ぷら

・ごぼうの天ぷら

・山菜をラー油みたいなので和えてあるもの

でした。

これ以外にあったかも知れませんが、ワタシが見える範囲はこのくらい。

 

ちなみにおそばは典型的な関東の立ち食いそばなお味。 (;・∀・)

味よりこのシステムを楽しむのが正しい目的みたい(;・∀・) 

 

店名:常盤軒

場所:東京都港区港南2-1-78 品川駅構内 東海道線下りホーム東京寄り


nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「出てきた出てきた山親爺♪」千秋庵製菓(北海道土産) [北海道:(新千歳空港・お土産)]

「出てきた出てきた山親爺♪」

な歌で北海道では有名なお菓子だそうです。

yamaoyaji1.jpg

千秋庵さんの「山親爺(やまおやじ)」

パッケージはスキーに乗って鮭背負っている熊のイラスト。

歌も

出てきた出てきた山親爺
 
笹の葉かついで 鮭しょって

スキーに乗った山親爺

千秋庵の山親爺

今日のおやつは山親爺

千秋庵の山親爺~♪

って、歌詞のまんまなパッケージですね。

yamaoyaji2.jpg

北海道では昔からあるお菓子みたいですが、食べたことありませんでした。

お味はバター、ミルク風味の洋風せんべい。

素朴な味で気に入りましたよ。

 

お菓子にもスキーに乗って鮭背負っている熊のイラストが・・・

ここまで徹底しているって素晴らしいですね。

しかし、この絵の様な熊が居たら、会ってみたいですね。 

 

店名:千秋庵製菓

住所:北海道札幌市中央区南3条西3丁目17番地

お店のホームページ:http://senshuan.co.jp/


タグ:お土産
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「水晶あめ玉一品勝負!」澤の露本舗(小樽駅) [北海道:道央(小樽)]

さて、もう一点ご紹介。

sawanotuyu1.jpg

近くにあった「澤の露」さんで買った「水晶あめ玉」。

 

あ、お店の写真、撮るの忘れてました(;・∀・)

素朴なお味でこちらも美味しかったですよ。

純粋で混じりっけ無いスッキリとした味わい&のどごし。

 

コチラのお店、これしか売ってません。まさに一品勝負のお店です。

 

店名:澤の露本舗

場所:北海道小樽市花園1-4-1


タグ:お土産
nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

「たちばな」本格焼酎(芋)@黒木本店 [酒(芋焼酎)]

宮崎に行った際、地元の酒屋さんから送っていただいた焼酎です。

tachibana.JPG

「百年の孤独」で有名な黒木本店さんの芋焼酎。

口当たり、風味共優しく穏やかな感じ。

アルコール感は気持ち強め。 

同じ蔵元の「き六」の方が風味が強く人気があるみたいですが、こちらもなかなかだと思いました。

 

■ラベルデータ
銘柄:たちばな
原材料名:甘藷、米こうじ
アルコール分:25度
酒類:本格焼酎(乙種)

株式会社 黒木本店
宮崎県児湯群高鍋町大字北高鍋776


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「小樽名物花園だんご」新倉屋本店(小樽駅) [北海道:道央(小樽)]

小樽でお寿司を堪能して、満足したと思ったんですが、やっぱり甘いものは別腹ですよね~

ってことで幸寿司さん近くの

hanazono1.JPG

「新倉屋 本店」さんに行ってみました。

こちらのお店、花園だんごというのが有名だとか。

店内も明るく広く品数も多くって選ぶの迷いますが、やっぱり

hanazono2.jpg

「花園だんご」の黒、白、抹茶を買ってみました。(1本84円)

hanazono3.jpg

だんごは小ぶり。甘さも控えめでパクパクいけちゃいます。

さすが名物。お値段も安いし素晴らしいですね。

hanazono4.jpg

で、こっちのまんじゅうとかも買ってみました。

hanazono5.jpg

こちらは志んこ。素晴らしい色映え。

hanazono6.jpg

こちらはまんじゅう。同上

hanazono7.jpg

香りも餅、皮の食感も餡のお味もすばらし~

生菓子なんで日持ちしないのが残念ですが、これ食べながらの観光は楽しいですよ~

あ、お店の中でも食べられるみたいでした。

 

店名:新倉屋本店

場所:北海道小樽市花園1-3-1


nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る