So-net無料ブログ作成
東京:台東区(元浅草) ブログトップ

「純レバ丼」菜苑(浅草駅) [東京:台東区(元浅草)]

浅草の街をぶらぶらしていて見つけたお店です。

1.JPG

「菜苑」さん。

浅草の寿司屋通りにある「あづま」さんと同じ「DXラーメン」、「純レバ」のメニューが書いてあります。

食べ比べたくて入ってみました。

2.JPG

注文したのは「純レバ丼」(1100円)です。

ルックスはほぼ同じで、レバーを甘辛+チョットピリ辛のタレで炒めてご飯の上に盛りつけ。

さらに水にさらした輪切りのネギを乗っけて完成~

3.JPG

お味もほぼ同じ。

暑い時期にはこのチョイトピリ辛が食欲を増してくれるんですよね。

レバーの臭みも最小&プリッとした食感はクセになるお味。

さらにネギの清涼感が油っぽさを消してくれる完成度の高い一品。

どちらも美味しいんですが、個人的には「あづま」さんの方が好みかも知れません。

 

あづまさんの記事はコチラ↓

「レバーが苦手でもこの店の純レバなら大丈夫!」あづま(浅草駅、田原町駅)

 

店名:菜苑

場所:東京都台東区浅草3-10-6


タグ:中華
nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「ゆであずき」デンキヤホール(入谷駅、浅草駅) [東京:台東区(元浅草)]

入谷から浅草に向かって歩いていて見つけちゃいました。

「デンキヤホール」さんです。

まゆぞーさんのブログで読んで知ってはいたのですが、まさか偶然見つけるとは思っても見ませんでした。

表に「名代ゆであずき」とあります。

いろいろな方がこれを紹介されていますので写真では見た事有るんですが、実物はどんなのか想像しづらいですね。

お店に入り、表にあった「ゆであずき」について聞くと、

「うちはこのゆであずきで100年やってます。」

とのお言葉。

であれば、と頼んでみました。

これが、「ゆであずき(冷)」(450円)です。ちなみに(冷)はこの時期だけのメニューです。

通常の温かいのも惹かれましたが、この時期しかないという言葉に負けちゃいました。

小豆の香りが漂ってきます。

飲み方(食べ方?)は特に決まっておらず、ご自由に、との事でした。

ちなみに色は上ほど薄くなっていますが、味はしっかり付いています。

お汁粉より塩気が強く、甘みは控えめ。小豆の旨みがしみ出ていますね。

大納言を煮てあります。混ぜて飲んで良し、すくって食べて良し。

絶妙な塩気はクセになります。

お汁粉などとは違ってのどごしも良く、あとから喉が渇く事もないですね。

浅草からチョット離れているのが難点ですが、行く価値は十分ありますよ。

 

 

店名:デンキヤホール

場所”東京都台東区浅草4-20-3


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「伝説の豆かんてん」梅むら(浅草駅) [東京:台東区(元浅草)]

「孤独のグルメ」という漫画で登場し、一部で有名なお店です。

ワタシも過去数回行ったことあるんですが、子供が生まれてからご無沙汰でした。

久しぶりに行ってみました。

「梅むら」さんです。

前は夜もやっていたと思うのですが、今は18時までになっていました。

店に入ると2代目の方でしょうか?知っているご主人ではありませんでした。

メニューも多少変わっていましたが、お目当ての「豆かんてん」は変わらず。

これが「豆かんてん(豆かん)」(450円)です。深い器に豆とかんてんがたっぷりと入っています。

この豆が独特なんですよね~

この黒々光した豆のツヤとかんてんの白が素晴らしいコントラストだと思いませんか?

アップでもう一枚。他のお店ではなかなか無いと思います。

かんてんも天草の香りが強く、歯ごたえ良いです。

豆はやわらかく、ふっくらしてます。こちらも「これぞ豆!」という香りです。

で、これに少し濃い目の黒蜜が合わさり、他では無い完成度になっています。

シンプルですが、飽きのこない味で結構な量がありますがサラサラと食べられますよ。

 

こちらでも紹介されています

 

店名:梅むら

場所:東京都台東区浅草3-22-12


nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「木の実タルトなど」関根ベーカリー(浅草駅) [東京:台東区(元浅草)]

なんか、ヨメに美味しいパン屋があるので、買って来コイ!きて( ゚Д゚)

って指令が来たので行って来ましたよ。

浅草の千束公園の向かいにある「関根ベーカリー」さんです。夜19時までの営業です。(この時18時半くらい)

いろいろ買って食べてみました。クロワッサンとかバケットとか菓子パン類とか。皆、美味しかったです。

そんな中で特におススメを紹介します。

「木の実タルト」です。

くるみ、アーモンド、カシューナッツ、ひまわりの種(かぼちゃの種もあったかも)などなどギュっと詰まっていますね。その上をキャンディーコートしています。

タルト生地もバターの香りがすっごくいいですね。木の実各種の歯ごたえと合わさり、たまらない食感でした。

文句無くおススメですね。

ジャムパンも予想以上に美味しかった!

特にジャムが・・・昔風ですがそれがマタ良いんですよね~

また買いに行きたいパン屋さんですね。

 

店名:関根ベーカリー

場所:東京都台東区浅草3-41-10 


タグ:パン
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「背脂ちゃっちゃっちゃのみそラーメン」らーめん弁慶 浅草本店(浅草駅) [東京:台東区(元浅草)]

ワタシが知る限り、一番体に負荷のかかるラーメンです。(多分)

「らーめん弁慶」さんです。こちらは浅草本店です。

この前の「天下一品」さんとも違ったインパクトを与えられたラーメンでもあります。すごいところは

・店の前と中の床がぬるぬる。油断すると滑って転ぶ(転んだ事あります。)転ぶと脂まみれになる。

・油断していると、食べているのに増えていきます。(麺がふやけていく)

・あまりにも熱いので油断するとやけどする

・味が濃い&脂が異常に多い。油断すると血圧が上がりやすい。要注意。水を多めに飲みましょう。

ホープ軒系だそうで、盛りつけ時に背脂をちゃっちゃっちゃ!としてきます。これが原因かと思います。

滑らないように店に入り、まず食券を買います。

そして席で待つのですが、床がぬるぬるなので、大きい荷物を持っている人は注意してください。新聞紙を床に敷いて荷物を置くのがベストかと思います。

人気店なので、お客さんは多いため、椅子の上に荷物を置く事はできません。

で、しばし待つと・・・

今回は「みそラーメン」(700円)にバター(100円)をトッピングしました。

トンコツ系ですが、九州ラーメンの様なにおいはありません。ネギが多いくらいですね。

麺は太めで縮れてます。濃厚なスープにはちょうどイイですね。

味は、濃く、脂っぽいのですがネギやもやしなどのおかげで、最初はさほど苦にはなりません。むしろ熱さと時間との戦いです。

食べきるコツはまず麺と表面の野菜類を箸でひっくり返し、麺を先に食べていく事です。スープは濃いいので後回しです。

 と、いう具合に行けば無理なく食べる事ができます。

ワタシは一度食べると半年は食べなくてもイイです。

若い方はこういうの好きでしょうね~

 

お店のホームページです↓

http://www.ramenbenkei.com/main.html

 

店名:らーめん弁慶 浅草本店

場所:東京都台東区浅草6-5-3


タグ:ラーメン
nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(3) 
共通テーマ:旅行
東京:台東区(元浅草) ブログトップ
メッセージを送る