So-net無料ブログ作成
検索選択
岩手:盛岡じゃじゃ麺 ブログトップ

「元祖じゃじゃ麺(中)とちーたんたん」白龍本店(ぱいろん)(盛岡駅) [ 岩手:盛岡じゃじゃ麺]

盛岡の三大名物麺の一つ、「じゃじゃ麺」の元祖のお店に行ってきましたよ。

pairon1.JPG

「白龍(パイロン)本店」さん

なんか、店がやけに暗くてやっているのかどうか不安でしたが、絶賛営業中でした。

お店は古風な感じ。店員さんがてきぱき注文をこなしています。

ゆったりと、そして丁寧な接客ですね。

じゃじゃ麺を注文すると、大きさを聞かれます。

大は相当量が多いみたいなので、中を注文しました。

pairon2.JPG

「じゃじゃ麺(中)」(500円)

ねぎ、きゅうりと特性の味噌、そして紅生姜と生姜というシンプルな組み合わせです。

pairon3.JPG

味噌ときゅうり、麺をひたすら混ぜ混ぜ。

テーブルにあるにんにく、酢、ラー油などをお好みで加えて味を調えて行きます。

pairon4.JPG

混ぜ上がるとこんな風になります。

麺のもっちり感と味噌の味、そしてきゅうりの食感はクセになりそうな味。

思ったほど濃くなく、さらさら行けちゃう味。 

にんにくを入れた方が断然美味しいですね。

食べ終わるとお店の方にお願いして

pairon5.JPG

「ちーたんたん」(+50円)を作ってもらいました。

お皿に玉子、味噌、スープを注いで頂きます。

素朴で美味しい味。

ラーメンより数段健康的だし、東京でも近くに食べられるお店があれば良いのに。

 

店名:「白龍(パイロン)本店」

場所:岩手県盛岡市内丸5-15


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「盛岡名物じゃじゃ麺」盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店(盛岡駅) [ 岩手:盛岡じゃじゃ麺]

盛岡といえば「冷麺」、「わんこそば」、そして「じゃじゃ麺」ということで、

駅前のじゃじゃ麺のお店に行ってみました。

1.JPG

「盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店」さん

駅ビルの地下にあるお店です。

お店に入り、「じゃじゃ麺」を注文。都度麺を茹でる様子で、10数分時間が掛かるとの事でした。

しばし待つと

2.JPG

「盛岡じゃじゃ麺(中)」(570円)の登場。

麺、味噌、生姜とテーブルにあるにんにく、酢、ラー油などをお好みで混ぜて食べるそうです。

3.JPG

こちらが混ぜる前。麺、味噌、きゅうり、ねぎと生姜を混ぜます。

にんにくなどは入れませんでした。

4.JPG

これが混ぜた後。さほど濃くない味です。

物足りなければテーブル上の味噌を追加するのもアリです。

なんか、素朴な味ですね。ちょいと小腹が空いた時に食べたいです。

 

店名:盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店

場所:岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44 フェザン南館B1F めんこい横丁


タグ:じゃじゃ麺
nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
岩手:盛岡じゃじゃ麺 ブログトップ
メッセージを送る