So-net無料ブログ作成
検索選択
東京:大田区 ブログトップ

「新潟煮干し&背脂らーめんのお店」らーめん潤 蒲田店(JR蒲田駅、京急蒲田駅) [東京:大田区]

蒲田に行った際に夜食を食べに寄ったお店です。

1.jpg

「らーめん潤 蒲田店」さん

新潟煮干しラーメンのお店だそうです。

入ってすぐにある自販機で食券を選びます。

なんか、妙に肉が食べたかったんで

2.jpg

「ちゃーしゅーめん」(1030円)をいただきました。

後で冷静になって考えたら、普通のラーメンが730円くらいだったので、300円のチャーシュー代と考えると、

なんかコスパ悪い気が……

3.jpg

麺は太麺。ちょいと固め。

スープは煮干し+醤油ベースですが、脂も結構入ってます。

タマネギのみじん切りも多いです。味全体を甘めにしてます。

以前食べた醤油+生姜ベースの新潟ラーメンとは雰囲気も風味もまったく違いました。

4.jpg

岩のりが入っていて、これが独特の風味になってます。

こってりだかアッサリだか苦いんだか甘いんだか判断に迷う微妙な味わいでしたよ。

店名:らーめん潤 蒲田店

場所:東京都大田区蒲田5-20-7


タグ:ラーメン
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「味噌鍋焼きうどん」オレンチーノ(蒲田駅) [東京:大田区]

うつぼさんに、「うまい」以外の言葉を使え!と、しかられたので今回は違う言葉を使っていきたいと思います。

元々ボキャブラリー貧困なんですけどね。

今回は蒲田駅からすこ~し離れたところにある

1.jpg

「オレンチーノ」さんに行ってみました。

お店のキャッチ(?)は

「味噌としょうゆに土鍋煮込みうどん」だそうです。

名古屋の味噌煮込みうどんの親戚みたいなもん?

初めてなので&名古屋のものと比較してみたいので

2.jpg

「味噌鍋焼きうどん」(800円)とごはん(100円)をいただきました。

見た目は名古屋のものと大差無いように見えます。

お値段は名古屋の某山本なんとかさんと比べても安いですね。

3.jpg

うどんそのものは名古屋八事の人気店「まことや」さんっぽいかも。

乾し椎茸が大きく入っているとことか。

味も出汁が強く、味噌と拮抗している風の比較的あっさり目でこれもそっくり。

4.jpg

具はネギ、鶏肉、かまぼこ、しいたけ、卵とこれも名古屋と変わらず。

鶏肉より椎茸が多いのは蒲田風?!

5.jpg

麺も固く芯の残っている感のあるこれも名古屋風でした。ここはさほど差が無かったです。

どれも本場名古屋に比べて遜色ない味と食感ですが、これが蒲田で味わえるとは嬉しいかと。

分量は比較的少なめに感じましたが、最大の差は漬け物が無いことでしょうか。

これだけ味があると目先を変える漬け物(浅漬け)は必須だと思います。もちろん、白菜&きゅうりの浅漬けですよね。

味噌煮込みうどんに、濃いめで甘辛のコントラストが強い味&粘度の高めな舌触りが好きな方にはあっさりで物足りないかも。

が、出汁が効いていて最後の汁まで楽しめるのはよろしいかと思います。

もちろん、ご飯を入れ雑炊風にするのが美味しいんですけどね。

店名:オレンチーノ

場所:東京都大田区西蒲田5-19-10


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「本格四川風担々麺」パンダ 京浜蒲田店(京急蒲田駅、JR蒲田駅):2回目 [東京:大田区]

再度こちらのお店の紹介です。

1.jpg

「パンダ 京浜蒲田店」さん

前回の記事はこちら↓

「パンダの担々麺」パンダ 京浜蒲田店(京急蒲田駅、JR蒲田駅)

前回の帰り際にメニューを見ていると、別の担々麺があったので

2.jpg

「本格四川風担々麺」(280円)と

「チャーハン(スープ付き)」(580円)を今回は食べていました。

5.jpg

通常の量の半分の担々麺。正直安い。2杯食べても560円とは!

本場四川の担々麺そのままだそうです。

6.jpg

きゅうりが乗っているのが珍しいですよね。

パンダの担々麺と同じで、これも辛くないです。

本場と同じと言われると、正直物足りない感があります。

3.jpg

こっちはチャーハン。

4.jpg

特別な感じは無いけど普通に美味しい。

他のお客さんが食べていた中華丼も美味しそうでしたよ。

店名:パンダ 京浜蒲田店

場所:東京都大田区蒲田4-2-6


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「パンダの担々麺」パンダ 京浜蒲田店(京急蒲田駅、JR蒲田駅) [東京:大田区]

蒲田を歩いていて気になっていたお店です。

1.jpg

「パンダ 京浜蒲田店」さん

お隣というか、もう一つの屋号が同居しているお店です。

2.jpg

反対側から。

ドアを入って左側=カウンター+テーブル席、右側=テーブル席に分かれてますが、はっきりした仕切り&案内は無し。

どこがどう違うかははっきりわかりません。

今回はとりあえずパンダ側とおぼしきカンターに着席。

3.jpg

ここはおすすめメニューを食べるのが良さそう。

4.jpg

パンダの担々麺の解説を見ると、普通の担々麺とだいぶ異なるものみたいです。

で、注文ししばし待つと

5.jpg

「担々麺」(520円)が来ました。

見た目は担々麺と言うより味噌ラーメンな雰囲気。

6.jpg

スープは胡麻味噌な色合い。正直全然辛くないです。

7.jpg

麺は細くって縮れが多いタイプ。

全体的には胡麻スープ味のらーめんというか、辛みを抜いた担々麺というか。

美味しいけど、なんか名称が違うような気がします。

8.jpg

「餃子」(260円)も食べてみました。

特徴は無いけど安心出来る味わい。

どれもお値段がリーズナブルで、そこそこ美味しい、しかも出てくるの早い!

という便利&ついつい寄りたくなるという、良いお店ですね。

最大のネタは店名かも!?

店名:パンダ 京浜蒲田店

場所:東京都大田区蒲田4-2-6


nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「タンタンメン」元祖ニュータンタンメン本舗 蒲田店(蒲田駅、京急蒲田駅) [東京:大田区]

蒲田の夜。

夜食を食べに

1.jpg

「元祖ニュータンタンメン本舗 蒲田店」さんに訪問。

しかし、ニュータンタンメンって何でしょうかね。

というわけで注文したのが

2.jpg

「タンタンメン」(700円)です。

3.jpg

なんか溶き卵+とんがらし+ニンニクな味のスープ。

さらに

4.jpg

パスタのような麺。

もしかしたらパスタその物かも。

洋風なスープパスタのような不思議な味わい。

確かに普通の担々麺では無いですね。

なかなか個性的で食べやすい味。

でも知らずに入って担々麺を期待して食べるとショック大きいかも。

店名:元祖ニュータンタンメン本舗 蒲田店

場所:東京都大田区蒲田5-28-2 MCMビル 1F


タグ:担々麺
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「牛すじ丼と餃子」石川屋食堂(JR蒲田駅) [東京:大田区]

お茶屋「和」さんのお店の帰りに寄ってみたお店です。

ishikawaya1.JPG

「石川屋食堂」さんです。

以前、とある書籍を読んでいて知ったお店。肉どうふとか紹介されていました。

ネット上でのウワサによると、餃子と牛すじ丼は絶品だとか。

って事で注文したのはモチロン

ishikawaya2.JPG

「牛すじ丼」(480円)

ishikawaya3.JPG

牛すじがプリトロで素敵すぎますな。

ウワサに違わず、素晴らしく美味しかったですよ。

味つけは少し濃い目なのでご飯がススムススム。

丼にしないで、これでお酒飲んでもイイですね~

ishikawaya5.JPG

で、こちらが「餃子」(470円)。結構大きめが5つ。

ishikawaya4.JPG

皮は比較的薄め。

で中の餡はとってもジューシー。大変美味しゅうございます。

でも、ご飯が不足気味になっちゃいましてチョット残念。

これなら餃子定食も良さそう。

あ、隣の方が食べていたシュウマイも大きくって美味しそうでした。

近所にあれば、間違いなく通うんですけどね~

 

店名:石川屋食堂

場所:東京都大田区蒲田5-3-4


タグ:餃子 牛丼
nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「お茶屋「和(カズ)」さんのお店に行ってきました!」蒲南茶荘(京急蒲田駅) [東京:大田区]

福岡からの出張の帰りに以前から行ってみたかった、

 

honan3.JPG

「お茶屋「和(カズ)」さんのお店に行ってきました!!

honan1.JPG

京浜急行の蒲田駅から5分ほどでした。

ただ、京急蒲田駅が工事中で出口がわかりにくいので迷ってしまうかも知れません。

お店に入り、「so-netでブログをしている者ですが(略)・・・」とお店の方にお話しすると、

「和さん」登場!!(写真はありません)

kikuzouと名乗り、ご挨拶をさせていただきました。 

お茶を入れていただいたり、焼酎でお茶を入れる方法を教えていただいたりとお忙しい中、いろいろお話させていただきました。

折角なので、お店の写真を撮らせていただきました。

まず、目を惹くのが「茶器」。どれも素晴らしいというか、これだけあると圧巻です。

honan7.JPG

honan5.JPG

honan4.JPG

なんか、お酒飲むのに使ってみたい気が(笑)

モチロン、茶葉も

honan6.JPG

この通り。

結構細かく種類が分かれているんですね。お値段もいろいろ。

 

ごちそうになったお茶が美味しかったので、ヨメの帰省用のお土産と自宅用に

honan2.JPG

「紫水」を買わせていただきました。(ヨメ実家用は缶入りの海苔とセット)

otya1.jpg

茶葉はこの様な深い緑色。

otya2.jpg

で早速、教えていただいた通りに水で煎れてみました。

香りの段階ですばらしさを実感。

味も甘みを強く感じます。

これに慣れると、ペットボトルのお茶とか買うの躊躇しちゃいます。

家で作って水筒に入れて持って行きたくなりますね。

 

お茶って奥深いものだと改めて実感できました。

 

「和(かず)」さん、本当にありがとうございました。

今度は茶器を買いに伺いたいと思います。

 

皆様も是非ご来店をされてはいかがでしょうか。 

 

店名:蒲南茶荘(ほなんちゃそう)

場所:東京都大田区蒲田2-25-13

お店のHP:http://www.honannchasou.net/


nice!(19)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「巨大メンチカツ定食」キッチンブルドック(大井町駅) [東京:大田区]

大井で乗り換えだったんで昼食を取ることに。

せっかくなんで、前から食べてみたかった有名な洋食店に行ってみました。

1.JPG

「キッチンブルドック」さんです。

結構ワイルドな場所にあります。女性は引いちゃうかも。ま、オッサンなワタシは平気ですが(笑)

 

「メンチカツ定食」(1090円)

3.JPG

この大きさって・・・普通のメンチ3~4個分はありますぜ!!

べ、別に大食いチャレンジする気は無いんですけど~(泣)

おまけにメタボだし(大泣)

4.JPG

なんかねぇ~ここまでデカイと自分が夢の中にいる気がします。

で、冷静に観察すると

5.JPG

おっ!結構というかスッゴク美味そうです。

っていうか、外はカリッとした衣で香ばしく食感がイイ!!

そして中身はジューシーでなめらかな食感で旨みたっぷりです。

あまりの美味しさにあっという間に食べ切れました。

いやぁ~満足度の高い昼食でした。

6.JPG

そして、みそ汁(というか豚汁)が更に美味い!

 

ま、調子こいて食べたんで、このあとの仕事中は地獄の苦しみでしたよ・・・

 

店名:キッチンブルドック

場所:東京都品川区東大井5-4-13


タグ:洋食 大盛り
nice!(13)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
東京:大田区 ブログトップ
メッセージを送る