So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

通常の3倍! (銀座線稲荷町駅) [東京:台東区(東上野)]

暑い季節になってきました。

食欲もいまいちだし、熱いものはイヤだし、というときには

「冷やしたぬき」が (・∀・) イイ!

ということで、「量が多くて、安い」と評判な店まで行ってきました。

   

稲荷町は、仏壇屋さんだけでなく、お寺も多い町なのですね。

そんな中、「門前そば 筑波」の看板があります。

ショーウィンドのサンプルを見ると、ありました。

「冷やしたぬき」550円

見たところ、そんなに量は無い様に見えます。

席に着き、注文を待っていると・・・来ました!

え、・・・ちょ・・なにコレ、なんか心なしか重いんですけど

ええー写真では判りづらいのですが、サンプルと比べても「通常の3倍」はあります。

器の中のラインの高さを比較してください。

  

        製品版                    サンプル版

サンプルの方が多い、というのはよくありますが、これはです。

「ええーい!筑波の冷やしたぬきはバケモノかっ!」と、赤い人の様に思わず叫びたくなります。

食べるのですが、なかなか減りません。箸を持つ手が痛くなってきます。(><;)

この重さはきっと、お店のやさしさの重みなのでしょう。

 

さて、味の方ですが、

○ 天カス:細かなサクサクタイプです。このタイプは汁を吸い辛く、また食感が良いのでgood!

○ つゆ:薄めで量が多いです。濃いとしょっぱいし、薄くても量がないと辛いのでイイと思います。

△ 具(キュウリ、鳴門巻き):薄焼き玉子が無いので少し寂しいです

○ そば:肝心の「そば」ですが、細身のコシの強いタイプです。冷やしたぬきには合ってます

と、及第点以上です。何より手が痛くなるほどの量、そして550円という価格は他にないのでは。

さて、食事も終わり、お茶がほしかったので頼むと、

「今はヒマだから良いけど、お昼時はお茶も入れれないくらい忙しいの。混んでるときは出せないの。ゴメンね。」と言われてしまいました。(ワガママ言って済みません)ちなみに、定食ものにはお茶がついてきます。

皆さんも、お茶を頼むときは、混んでない時間帯をお願いします。

確かに、この味、価格、量であれば混むこと間違いないと思います。メニューもほとんど千円以下です。一番高いのは、「天ぷら定食」1500円です。冷やしたぬきが550円でこの量なので、きっと、すさまじい量なのかもしれません。

こんな人にオススメ

□ コストパフォーマンスとは何か、体感したい方

□ サラサラ系の天カスが好きな方

□ 混んでいる時間はお茶がイラナイ方

店名:「門前そば 筑波」

場所:東京都台東区東上野6-14-1

(東京メトロ銀座線稲荷町駅より徒歩5分くらい)

※お店のホームページはありませんでした。

 


タグ:蕎麦
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行